注入セット(クイックセット、シルエット)およびリザーバ交換時の注意点に関するご案内

平成25年6月

パラダイム インスリンポンプをご使用の患者様へ

注入セット(クイックセット、シルエット)およびリザーバ交換時の注意点に関するご案内

注入セット(クイックセット、シルエット)の交換時に、インスリンや他の液体が注入セットのチューブコネクタ内部(リザーバとの接続部分)に付着すると、ごく稀ではありますが、通気孔(下記図参照)を一時的に塞いでしまう可能性があることが確認されました。通気孔が塞がることにより、過量あるいは過少のインスリン注入が引き起こされる可能性を否定できないことが調査の結果判明したため、メドトロニック社製インスリンポンプの安全な使用のために、以下に使用上の注意点をご案内いたします。


【通気孔の位置】
通気孔の位置
【使用上の注意点】
1. リザーバにインスリンを充填した後、垂直にした状態でリザーバをトランスファーガードから引き抜くようにしてください。このことによりインスリンがリザーバ先端に付着する可能性を低減します。
リザーバ
2. 万一リザーバの先端、もしくはチューブコネクタ内部に液体が付着していることが確認されたら、そのリザーバ、もしくは注入セットの使用は中止し、新しい製品に交換してください。
リザーバ
3. マニュアルプライム(チューブへのインスリン充填)の際に、ピストンがリザーバの底に触れていない状態で注入セットのカニューレ先端より液体が流出している場合は、注入セットの穿刺を中止して、新しい製品に交換してください。

機器に関してのお問い合わせは、日本メドトロニック パラダイム インスリンポンプ使い方に関する24時間サポートラインへご連絡ください。なお、治療に関しては、主治医にご相談くださいますようお願いいたします。

販売名 医療機器承認・認証番号
パラダイム インスリンポンプ 21700BZY00314000
インスリンポンプ 注入セット 225ACBZX00013000
クイックセット 21500BZY00588000
シルエット 22100BZY00462000
パラダイム リザーバー 21800BZY10166000

日本メドトロニック株式会社
ダイアビーティス事業部
24時間サポートライン:0120-56-32-56

お知らせ一覧へ戻る

パラダイム インスリンポンプ使い方に関する24時間サポートライン