困ったときには?

その他のポンプトラブル

その他のポンプトラブルをご紹介します。項目をクリックして内容をご確認ください。

電池を長時間外しておくとどうなりますか?

電池を長い時間(5分以上)外しておくと、新しい電池を取り付ける時にBATT OUT LIMIT(電池(電力)の限界)アラームが表示されることがあります。次の対応を行います:

新しい電池を取り付ける際に、A17アラームおよびA47アラームが発生する場合があります。その場合には、次の対応を行います:

  • A17アラームおよびA47アラームを解除します。
  • ポンプの時計を正しい日付と時刻にセットします。
  • 基礎レートなどのすべての設定値が適切にセットされているかどうかをチェックします。必要な場合には、UTILITIES MENU(ユーティリティーメニュー)User Settings(ユーザー設定)にあるRestore Settings(設定の復旧)オプションを使用して、最後に保存された設定を再度適用してください(このオプションを使用できるのは、以前にポンプ設定を保存している場合に限ります)。「ユーティリティー」の章の「設定を復旧する」のセクションを参照してください。
  • ALARM HISTORY(アラーム履歴)画面とSTATUS(ステータス)画面を見て、アラームアラートがないかどうかをチェックします。

電池があまり長持ちしないのはなぜですか?

電池の寿命が短くても、ポンプに故障があることを意味するわけではありません。ポンプの電池寿命は下記の条件によって変動します。

  • 使用する電池の銘柄
  • 電池の保管および取り扱い方法(高温および低温を避けてください)
  • 低温でのポンプ使用(電池寿命が短くなります)
  • ポンプの使用状態(例:ボタンを押す回数、アラームアラートの回数、設定の変更回数)
  • インスリンの注入量
  • バックライト、振動など、一部の機能の使用状態

CHECK SETTINGS(*設定チェック)アラームとは何ですか?

このアラームは、E(エラー)アラームの後、またはポンプをリセットした後に発生します。まずすべての設定値が正しいことを確認します。CHECK SETTINGS(設定チェック)アラームは次の動作のいずれかの後に発生します。

  • E(エラー)アラームが発生したことで、すべての設定値がクリアされた(初期値に戻された)場合。
  • CLEAR SETTINGS(設定クリア)機能が実行された場合。
  • 最初にポンプを使用する際に、リザーバなしで練習して巻き戻しを行った場合。このような場合、インスリンポンプを使用する前に、すべての設定値をプログラムするようにしてください。

画面が歪んで見えます

偏光サングラスをかけているとき、明るい日なたにいるとき、高温または低温の場所にいるときなどは、画面が歪んで見えるか、虹模様が見えることがあります。画面が歪んで見える場合。

  • サングラスを外します。
  • 日陰に移動します。
  • ポンプに熱が直接伝わる場所(ヒーターのそばなど)にないこと、低温(寒い日に衣服の外側に装着するなど)でないことを確認します。
  • ポンプを返却しないでください。これはこの種類の画面では一般的な特性です。

プライム操作を終えることができません

この問題の原因や解決方法には複数のものがあります。

  • ポンプにリザーバまたは出荷キャップが装着されていますか?
    • 装着されていない場合、充填されたリザーバまたは出荷キャップをポンプに取り付けます。
    • 装着されている場合、ポンプが身体から取り外されていることを確認します。
  • 2回目の連続電子音が鳴って数字が画面に表示されるまでACTボタン  を押し続けます。
    • 連続電子音が鳴って数字が画面に表示されれば、ポンプに問題はありません。マニュアルプライムを終了するには、「インスリンの注入を開始する」の章の「マニュアルプライム」のセクションのステップ4に進んでください。
    • 2回目の連続電子音が鳴らないか、数字が画面に表示されない場合、注入セットを交換してからこのステップを再度行ってください。
    • それでも連続電子音が鳴らず、数字が画面に表示されない場合には、24時間サポートライン(0120-56-32-56)までご連絡ください。

ポンプを巻き戻すように指示されました

この状態は次のいずれかの動作の後で発生するものであり、故障ではありません。

ボーラスが止まりました

Bolus Stopped(ボーラス停止)のエラーは、電池カバーが緩んでいたか、ボーラス中にポンプが衝撃を受けたり落下したりすると起こる場合があります。また、このエラーはポンプが静電気の影響を受けると起こる可能性があります。そのような場合には、安全のためにポンプはボーラスを中止します。

  • ポンプを落とした場合、どこも損傷していないことを目視で確認します。
  • ボーラス履歴を見直し、必要であれば残りのボーラスをプログラムし直します。

ボーラス中にボタンが正しく作動していません

ボーラスを注入している間、ボタン、ボタン、またはボタンを押したままにしておくと、その時点の注入量を表示した状態で画面が動かなくなります。ボタンを一度離すと、それまでに注入した量まで数字が増加します。ボタンを押したままにしても、ボーラス注入は止まりません。

ポンプを落としてしまいました

ポンプは落とさないように注意してください。

  • すべての接続箇所がしっかりと固定されているかどうかチェックします。
  • 液晶画面、ボタン、ポンプ本体に亀裂や破損がないかどうかチェックします。
  • 注入セット(チューブコネクターとチューブを含む)に亀裂や破損がないかどうかチェックします。
  • ステータス画面、基礎レート、その他のポンプ設定値を確認します。
  • UTILITIES MENU(ユーティリティーメニュー)セルフテストを行います。
  • サポートが必要な場合は、24時間サポートライン(0120-56-32-56)までご連絡ください。

ポンプを水に沈めてしまいました

このポンプは誤って水が掛かった場合でも耐容できる設計となっています。ただし、入浴、水泳などで水中に入れることはできません。

  • 表面を軽くたたいて水分を取り除きます。
  • リザーバ挿入部を開けて、内部とリザーバに水がについていないかチェックします。濡れている場合、水に浸った時点から10分以内に完全に乾かします。水やインスリンなどで濡れたままにしていると、駆動部の腐食の原因となることがあります。
  • リザーバを完全に乾かします。濡れたままのリザーバをポンプに取り付けないでください。
  • ポンプに熱風を当てて乾かさないでください。内部の電子部品が破損する恐れがあります。
  • 電池挿入部と電池をチェックします。濡れている場合、ポンプを使用する前に完全に乾かします。
  • セルフテストを行います。

User Settings(*ユーザー設定)画面に移動できません

User Settings(ユーザー設定)が選択されている状態でACTボタン  を押すと、「This feature is not normally accessible(この機能は通常利用できません)」というメッセージが表示されます。使用方法についてはユーザーガイドをご覧ください。

USER SETTINGS(ユーザー設定)画面に進むには:

ご注意
保証される内容の詳細については、ポンプに同梱されている保証書を読んで確認してください。
パラダイム インスリンポンプ使い方に関する24時間サポートライン