セルフテスト

Selftest/セルフテスト(自分でできるポンプの点検)

セルフテストとは、ポンプが正しく作動しているかどうかをチェックするための安全機能です。
ポンプ自体が正常に作動するか、異常が無いかのチェックをインスリンポンプが自動で行います。

この自己診断機能を使用することで、ポンプをメンテナンスしたり、ポンプが異常動作を示していないかどうかをチェックしたりすることができます。セルフテスト中には、電子音および振動の正しい動作チェックなどの内部テストが自動的に行われます。セルフテストは、ポンプ動作中に独立して実行されるルーチンテストの追加機能です。


1. ホーム画面でACTボタン

ホーム画面でACTボタン  を押します。

ホーム画面

下矢印

2. MAIN MENU画面でUtilitiesを選択

矢印ボタン   で「Utilities」を選択し、ACTボタン  を押して、決定します。

メインメニュー

下矢印

3. UTILITIES MENU画面でSelftestを選択

矢印ボタン   で「Selftest」を選択し、ACTボタン  を押して、決定します。

uTILITY MENU

下矢印

4. カウントダウン表示とテスト

一旦画面が真っ黒になった後、カウントダウンが表示され、トーンテストとバイブレーションテストを行います。

カウントダウン表示とテスト

TEST COMPLETE(テストOK)という画面が最後に表示され、異常無しが確認されました。テストを終了します。

※セルフテスト中に様々なアラーム音、バイブレーションが発生します。
※アラート・アラームが表示された場合は、画面に従って対処します。

ご注意
  • 記載どおりにテストが実行されない場合には、24時間サポートライン(0120-56-32-56)までご連絡ください。
  • ポンプが電池残量低下状態を検出すると、セルフテストを終了することができません。この場合、テスト中断の原因となった状態を示すメッセージが表示されます。
パラダイム インスリンポンプ使い方に関する24時間サポートライン