アラートとアラーム

alert/アラートについて

ただちに注意が必要な状態を検出すると、定期的に電子音や振動(バイブレーション)が鳴って、注意を促します。Temp BasalやPatternsのようにスペシャルモード状態であってもアラートとアラームは通知されます。

画面はスペシャルモードで白丸○表示となります。


LOW RESERVOIR
(リザーバ内インスリン残量低下)

インスリン残量がある一定単位に達したときまたは、一定時間前になった時にアラートで知らせます。

LOW RESERVOIR


LOW BATTERY(電池残量低下)

速やかに新品の単4形アルカリ乾電池に交換してください。特に、就寝前に「LOW BATTERY」が表示された場合は、必ず電池交換を行ってお休みください。電池交換前にボタンとボタンでアラート解除を行ってください。

LOW BATTERY




アラートについて詳しく見てみましょう
アラームを解除しない限り、ポンプには他のアラームまたはアラートが表示されません。

解除されていないアラートの後にアラームが発生した場合では、ポンプの動作方法は異なります。最初のアラートを解除するまで、ポンプにはアラームが表示されます。
アラームおよびアラートは重要度の順に表示されます。最初のアラームを解除すると、最初のアラームの後に受信したアラームまたはアラートが、重要度順でポンプに表示されます。

アラートの解除と対応手順

アラート状態であることを知らせるため、ポンプから電子音または振動が発生した場合には、下記の手順に従って対応してください。


ポンプをチェックして血糖値を測定してください。適切な糖尿病管理を行うには、主治医の指示に従ってください。

ご注意
  • ※電池残量低下の時はバックライトが使用できません。
  • ※アラートを振動に設定していた場合、自動的に電子音へ切り替わります。

  • アラートが重要なのはなぜ?

    正常動作ではない状態を患者さんに通知するため

    ポンプは動作を継続してチェックしており、スペシャルモードが動作すると、患者さんに通知します。一時基礎レートが有効になった場合のように、一部のアラートはポンプ療法での正常動作にあたります。

    また、正常動作ではない状態を通知するためのアラートもあります。
    上記で説明したリザーバの交換(LOW RESERVOIR/リザーバ内インスリン残量低下)が必要な場合や、ポンプの電池交換(LOW BATTERY/電池残量低下)が必要な場合には、患者さんに通知するため、ポンプからアラートが発生します。
パラダイム インスリンポンプ使い方に関する24時間サポートライン