Q & Aよくあるご質問

 

インスリンポンプ療法の導入にあたっては、ポンプの設定・操作方法やアラーム対処法、注意事項を含め、この療法について、十分にご理解いただく必要があります。

よくあるご質問をクリックしてください。答えが表示されます。

 

インスリンポンプ療法はどこで受けられますか?

まずは、主治医にご相談ください。

ご参考として、糖尿病患者さんと医療スタッフのための情報サイト「糖尿病ネットワーク」WEBサイトをご紹介します。
糖尿病ネットワークWEBサイト内の「インスリンポンプ情報ファイル」ページで、取り扱い医療機関の検索ができます。

下記ボタンをクリックすると、インスリンポンプ取り扱い医療機関の一覧ページに外部リンクします。

 

インスリンポンプと注射の大きな違いはなんですか?

持効型インスリンは、予測が困難な速度で吸収されることがあります。これが毎日の血糖値が大きく変動する理由の1つです。

インスリンポンプは、持続型インスリンよりも予測しやすい超速効型インスリンを用います。さらに、インスリンポンプは持続的かつ正確で、個人のニーズに合わせて1日中変化しうるインスリン必要量を微量に調整・注入します。

インスリンポンプによる治療が適切かどうかは、必ず主治医に相談して下さい。
 

どこに注入セットを挿入するのですか?

腹部、腰、お尻、大腿部、二の腕など、皮下脂肪が多いさまざまな身体部位に注入セットを挿入することができます。

ほとんどの方は、インスリンの吸収率が最も安定しているという理由から、腹部を好みます。満足のいく場所を見つけるため、いろいろ試してみなければならない場合もあります。

疑問があれば、主治医に相談してください。

また、挿入箇所の選択や注意事項・挿入箇所のローテーションのページも参考にしてください。
 

挿入部位に違和感はありますか?

はじめてポンプを使用し始めた際、若干の違和感を感じる可能性があります。
しかしポンプの装着に慣れてしまうと、次の注入セットの交換が必要になるまで、その存在を忘れているかもしれません。

挿入部位やその周辺に違和感がある場合は、赤くなっていたり、炎症を起こしたりしていないかどうかをチェックする必要があります。

挿入部位が赤くなっていたり、硬くなっている場合は、その部位での使用を中止し、主治医に相談してください。
 

寝ている間、ポンプをどこに装着したらいいですか?

インスリンポンプを使用されている方の中には、ポンプをベッド上の自分の隣に置いている方もいますし、ベッドサイドテーブルに置いたり、ポンプ専用クリップでパジャマに留めたり、ポケットに入れたりする方もいます。
また、ポンプを枕の下に置いている方もいます。
 

インスリンポンプをつけたままで入浴や水泳はできますか?

比較的簡単な操作でポンプを外す事が出来ますので、ポンプを外した状態で入浴や水泳、サッカーなどの運動をすることも可能です。

ただし、ポンプ自体を水に浸すことは避けてください。水泳や水中で活動する際には必ず体からポンプを取り外し、水から上がった後に再度取り付けるようにしてください。(取り外したいときはこちらを確認してください。また、取り付け時はインスリンが注入されていることを確認するため、必ず1〜2時間後に血糖値を確認してください。)

ポンプを誤って水に浸してしまった場合は、やわらかい清潔な布でポンプに付いた水気をふき取り、「ユーティリティー」からセルフテストを選び、正しく作動するか確認してください。セルフテストについてはこちらを確認してください。
 

インスリンポンプが壊れた場合はどうしたらよいですか?

「ポンプが壊れたかな?」と思われる場合は、すぐに病院、主治医に連絡してください。

そのほか日本メドトロニックでは、パラダイム インスリンポンプの使い方に関する24時間サポートライン0120-56-32-56 (フリーダイヤル)を用意していますので、専任オペレーターに状況を伝えて故障かどうかを確認することができます。
 

飛行機に搭乗する前のセキュリティ検査はインスリンポンプおよびCGMをつけたままでも通れますか?

飛行機に搭乗する際は、ご搭乗の航空会社又は保安検査場に空港セキュリティシステムについて事前に「ボディスキャナー(X線)」の検査があるかをご確認ください。

ボディスキャナー(X線)および手荷物X線検査に機器を曝露しないよう空港検査場係員へご依頼ください。

※人体セキュリティシステムにはX線ではない金属探知機とX線使用のボディスキャナーの検査種類があります。
※日本メドトロニックから発行している飛行機搭乗用「エアポート医療機器情報カード」をご持参いただき係員に見せてください。このカードには日本語と英語で「この機器を放射線(X線・MRI・CTスキャンなど)に曝露しないでください」と記載があります。
エアポートカードのダウンロードはこちら
 

インスリンポンプは飛行中や登山等の気圧の影響(注入量変化等)を受けませんか?

気圧の変化を伴う環境では、普段とは異なる要因も加わり(時差、食事時間/内容、ストレスなど)血糖値に影響を与える可能性があります。

旅行などの気圧の変化を伴う環境に行かれる際は、事前に主治医にご相談のうえ、補食(グルコース)やバックアップ(インスリンポンプ以外のペン型注入器やインスリン専用注射針など)を携帯し、こまめな血糖測定を心がけてください。

旅行時の際は?

 

インスリンポンプをつけての旅行

インスリンポンプをつけて旅行する場合は、必ず事前に計画を立てましょう。

予備の電池、インスリン、関連用品、血糖測定器、非常用のインスリンペンまたは注射器などが必要です。
緊急情報カードのダウンロードはこちら
 

飛行機搭乗時の準備

航空機で旅行する場合は、インスリンや関連用品を機内持ち込み手荷物に入れてください。
さらに、すべての薬剤および用品の処方箋などを持参するとよいでしょう。

時差がある海外への旅行時には、インスリンポンプの日付時刻の設定を現地のものに切り替えるだけで、よりスムーズにインスリン調整をすることができます。
エアポートカードのダウンロードはこちら

パラダイム インスリンポンプ使い方に関する24時間サポートライン